腰痛とインソール

腰痛とありますがその他足、膝、首肩と痛みの範囲が多い患者様が来院されました。

お仕事で立ったり座ったり様々な動作が求められるお仕事をされていました。

トレーニングにも行かれており、アクティブな感じですが、正しトレーニングも必要ですが始める前にまずチェックしてもらいたいのが「姿勢」です。

問診時に姿勢も見ますがやはり姿勢が乱れていました。ただいつも言うように正しい人見たことありません。

鍼治療をしまずは痛みの軽減をはかります。

反応の出る圧痛点(押していたいところ)を探し、シールを貼ってチェックします。

治療しながら、シールの圧痛点が変化していないかチェックします。

圧痛点が減少、又は消失したら動作確認。

違うところにに痛みが残っていたり、新し場所が確認できたたら、そこも取っていきます。

痛みが改善したら運動指導、今回で言うならばインソールも作成という感じで行いました。

姿勢を維持改善、維持させていく重要性、仕事中でも意識せず体を使いやすくしてくれるインソール、ここが1番説明したようになります。

よく患者様に言うことなんですが、

24時間一緒にいることはできませんので。

と言います。

治療等で1時間ほどの時間を頂いておりますが、ここを出た瞬間、帰って以降の24時間いつもと同じ生活をしてしまっては、せっかくの体操などの効果が無くなりまた痛くなってしまいます。

しない方の再発率は嫌というほど経験しています。

痛みのない生活に向かっていくのに

「運動」は、「最終的に治療よりなにより大事」です。

痛みがぶり返してもいいのならば構いません。けど痛いのは絶対に嫌なはずですよね?

運動に関しては、あまりされない方に遭遇した場合恐くなります。

痛みのない生活をしてほしいですし、痛くなってもらいたくありませんので。

頑張って痛みのない体を手に入れたい方しっかりお教えさせて頂きます!

 

 

 

PAGE TOP